なぜ、スマホカバーが必要なのか

最近は、スマホばかりでガラケーを見ることはなくなりました。
ガラケー時代には、あまり見掛けなかったカバーをスマホの場合はほとんどの方がつけています。ガラケーにはつける必要がなくて、スマホにはつけている理由は何でしょう?
一番大きな理由は、二つ折りにできて、操作画面を守っていてくれたガラケーと違い、スマホの操作画面は、むき出しになっているため、という理由でしょう。二つ折りのガラケーは、落してしまっても、画面が割れることはほとんどありませんでしたが、操作画面がむき出しのスマホは、すぐに割れてしまいます。さらに、番号キーがあったガラケーは、もし、画面が割れてしまっても、ちょっと見づらくなるだけで、電話や、メールなど、ほとんどの機能を使うのに問題はありませんでした。それに対してスマホは、番号キーはもちろんありませんし、タッチパネルで操作しますので、画面が割れてしまって反応しなくなったら、何もできません。これらの理由が、スマートフォンにカバーが必要とされている理由だと思われます。

スマホカバーに必要な機能とは?

つまり、スマホカバーに必要な機能として必須のものは、画面を守る、ということになります。ハードタイプやレザータイプなど、カバーにもいろいろありますが、ほとんどのカバーは、画面が割れないように守る、という最低限の機能は、当然持っています。守れないなら、カバーとしては失格です。つまり、カバーを選ぶとき、画面を守る、という機能はあって当たり前として、それ以外にどんな機能があるのか、が選択の理由になります。紙幣、ICカードケース付きのもの、かなりの倍率までズーム可能なズームレンズ付きカバー、電波感度を高めることができる、高感度アンテナケース、手帳型など、スマホ自体の機能をアップさせるタイプのカバーと、スマホとは関係ない機能を付加しているものとがあります。

よく使われているスマホカバーはどんなタイプ?

最近では、レザータイプの手帳型などが人気のようですが、どれがおススメということはなく、かっこいい、かわいいなど、ご自身の好みと、どの機能が付いているのか、ということになっていると思います。ガラケー時代にたくさんつけていた、ストラップなどがつけられる事を大事にされている方もいることでしょう。個性は大事ですからね。選ぶのが楽しくなる様な、かなり変わった形のカバーもたくさんありますし。当然、ケースどうこうよりも、落しても割れない、ガラスの開発が進み、カバーが必要なくなる時もいずれ来るでしょうから、カバーは、必要なものから、かわいいから、かっこいいから、などの理由で使用するものとなると思います。どうあれ、せっかく買ったスマホが、元気に機能してくれるよう、できるだけ落とさないように気をつけることが一番大事なことかもしれません。